精神神経科養成コース長

新井 哲明(教授)

専門分野:臨床精神医学、老年精神医学、神経病理学

 精神科臨床の基本は、受容と共感をもって患者の訴えに根気よく耳を傾け、それぞれの患者の置かれている心理社会的環境要因を的確に把握し、トータルな人間として見ることが最も重要です。同時に診断・治療に当たっては、経験にのみ頼ることなく、常に客観的・科学的根拠を求める態度が必須です。当科の研修プログラムは、このような基本的態度をしっかりと身につけ、一人前のそして一流の精神科医になれるように工夫されています。研究については、私自身は、疾患脳を病理生化学的に解析し、疾患特異的な変化を調べる研究を行ってきました。当科では、このような手法以外に、疫学、社会学、精神薬理学、精神病理学、神経画像学などの研究が行われており、これらを組み合わせた包括的な研究を行うことも可能です。また、大学病院の特質を生かし、臨床各科と連携して共同研究を行い、身体的側面からも精神神経疾患の病態にアプローチしています。さらに、研究学園都市つくばには、多数の研究施設があり、これらの研究施設との共同研究も行われています。
精神科の臨床をしっかり学びたい方、研究に興味がある方、両方を極めたいという方、いずれも歓迎致します。一緒に仕事ができる日を楽しみにお待ちしています。

指導医(病棟)

根本 清貴(准教授)

専門分野:臨床精神医学、統合失調症、うつ病、脳神経画像解析

 私が筑波大の精神科を人に勧めるとき、よい点を3つ挙げなさいと言われたら、「臨床技能をしっかり磨くことができる」「精神科全体の雰囲気があたたかい」「自分のやりたいことはどんどんやらせてもらえる」ことを挙げると思います。臨床技能ですが、病歴のまとめ方から始まり、患者さんとの精神療法、薬物療法のコツなど、重要な事柄を教官から直接学ぶことができます。また、精神科のスタッフは皆おだやかな方が多いので、居心地がよい環境がそこにあります。さらに、私は好奇心旺盛なので、今まで様々なことに首をつっこんできましたが、皆、それをあたたかく見守ってきてくださっています。臨床も研究もたくさんの指導をしていただき、現在、そのスピリットを後輩に伝えられるように日々いろいろ工夫しています。精神科に興味がある方、いろいろやってみたい方、いい雰囲気の職場で働きたい方、どうぞ筑波大の精神科にいらしてください。皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。
なお、私は画像解析に関心があり、画像解析のうえで便利かもしれない情報をブログで発信しています。興味のある方は、http://www.nemotos.netもご覧ください。

井出 政行(講師)

専門分野:臨床精神医学、統合失調症

つくばエクスプレスの開通に伴い、つくば市は急速に人口が増え活性化しています。一方、一歩街をでると筑波山を望みながらの緑豊かな田園風景が広がっています。そうした地理的な多様性を反映し、筑波大学では様々なバックグラウンドを持った症例を経験することができ、臨床家としての対応力を身に付けることができます。また、つくば市は若い世代の家族が多く、国際色も豊かで、将来家庭を築くのにも適した町です。つくばの地で、精神科の臨床や研究を一緒に取り組んでみたいという方、お待ちしております。

東 晋二(講師)

専門分野:臨床精神医学、神経変性疾患、神経病理、分子生物学

精神科医療の醍醐味は、患者さんの症状や状態像を疾患として捉えるのみでなく、社会的・心理的な側面からを支えようとする全人的な医療であるということに異論はないと思います。さらに、近年の精神科医療の進歩は精神疾患をより生物学的側面から理解することを可能としています。私はこれまで神経変性疾患の基礎研究、病理研究を幾つかの研究施設で行ってきました。脳科学研究の分野は複雑で理解が難しいのですが、それが故に興味の尽きないやりがいのある領域です。
我々の教室は様々な分野のエキスパートがおり、精神科医療を実践するうえで必要な幅広い能力を培うことが出来る場所です。人が人らしく生きるために精神科医療は欠くことのできないものであり、今後もその必要性は増すばかりです。この分野を志す方はぜひ一緒に学びを深めていきましょう。

松崎 朝樹(講師)

専門分野:統合失調症、うつ病、双極性障害

精神科の医療者として気を付けるべきは、「病気」の症状をしっかりと見定めて治療に取り組むことであり、そして同時に、病気にばかり向き合わず「人」と向き合うことの2つでしょう。「病気」と向き合うためには、その診断基準を頭に入れて診断過程を適切に考える力が必要となりますし、適切な薬を選択するための知識と過剰・過少でない適切な量を模索するため技術が必要になります。「人」と向き合うには、言葉や話し方、表情、姿勢など、自分自身を磨くことが必要になることでしょう。それらを大学病院の臨床の場で、自ら高めることを目指しますし、それらを医学生やレジデントに伝えられるよう、そして病を抱えて病院を訪れる多くの人々に提供できるよう目指したいと思っております。

塚田 恵鯉子(講師)

専門分野:臨床精神医学、統合失調症、うつ病、認知症

認知症、うつ病、自殺は、現代日本が抱える大きな社会問題となっています。そのため、精神科医療に求められることは日々増大し、また内容も刻々と変化し、多岐に渡っています。知識と技術が十分なだけでは、それらの問題に対応することは難しく、コミュニケーション能力や総合的な判断力も必要とされています。当科では、暖かい雰囲気の中、科学的視点と人間的視点を兼ね備えたバランスの良い精神科医となるよう、熱意と情熱を持って指導を行っております。
皆さんと共に、日本の医療に貢献できるよう、興味と好奇心を持ち続け、医療や研究に携わっていきたいと考えています。

指導医(保健管理センター)

太刀川 弘和(准教授)

専門分野:臨床精神医学、大学メンタルヘルス、自殺予防、精神科救急、ウェブ精神医療

 今日の日本社会では、うつ、自殺、ひきこもり、依存、震災後のケアなど、こころの健康に関する社会問題が次々に生じています。これらの課題に対して精神医学には、精神疾患の治療は無論のこと、啓発普及や相談体制整備、ひいては社会的プロモーション活動など、医療を超えた幅広い役割が期待されています。また精神科医師には、従来の臨床技術のみならず、メンタルヘルスに関する幅広い社会的知識が同時に求められています。当グループでは、こうした精神医学の現在と未来に対応できるよう、認知症、統合失調症、うつ病、自殺予防、生物学的精神医学、児童思春期精神医学、リエゾン精神医学、精神科救急、大学メンタルヘルス、地域メンタルヘルス、ウェブ精神医療など様々な精神疾患・領域を学び、研究することができます。国際研究都市つくばの地で、臨床を研鑽しつつ、心理学をはじめ学際的な諸領域と協働し、一次予防から三次予防まで、新しい精神医学の領野を共に切り拓いていきましょう!

白鳥 裕貴(講師)

専門分野:うつ病、自殺予防、精神科救急、BBQ

 平成28年に着任しました。このwebサイトの、後期研修医たちの声でレジデント終了者のコーナーに声を寄せてから10年くらいになるでしょうか。まだコメントが残っているので、ついでに見ていただいてもよいのですが、あの時と今とで、変わったことと変わらないことがあります。変わったことは、スタッフに対する見方です。教授以下先輩スタッフが、思いのほか熱い気持ちで研修医に指導しているということを知ったことです。“精神科”ですから、熱い気持ちを前面に出して、ということは全くなく、しれっとした指導が多いのですが、その背後には、良い医師を育て、良い医療を実践したいという、情熱と願いがあるのです。これは、指導を受けている間は恥ずかしながら、見逃していた点です。このような見方は、こちらに講師として赴任して変わったところです。変わらないところは、教授以下スタッフと、研修医を含めたレジデントの間の風通しがよいことです。これほど、コミュニケーションが楽な職場はあまりないのではないかと思います。それは、レジデントからスタッフになった今も変わりません。このような雰囲気的なことはwebサイトを見ていても伝わらないかもしれません。一度見学にでも来ていただければ、すぐに実感できると思います。ぜひお越しください。

石井 映美(助教)

専門分野:臨床精神医学、統合失調症

 私自身が進路を決めた時、人間全体が診られるということが精神科の大きな魅力でした。長い年月が経ちましたが、科の選択を後悔したことは一度もありません。人の生活全般の基礎となる精神活動を扱うことに、我々は誇りを持っています。しかし、現時点ではまだまだ解明されない問題も数多くあります。例えば、医師が異なると診断も異なる、といった精神科診療のわかりにくさは、解決していかなければならない問題です。このためにはさまざまな側面からの生物学的な解明が待たれるところで、皆さんの活躍が期待されます。
若い先生方の輝く瞳はまぶしいばかりです。女性医師達には、育児、介護等との向き合い方もお話しできたらと思っています。皆さんと一緒に勉強できる日を、楽しみにしています。