私たち精神医学グループの2016年の業績を紹介します。

原著

  1. 石井映美, 太刀川弘和, 白鳥裕貴, 佐々木恵美, 久賀圭祐, 新井哲明. 精神科通院学生の学業転帰について―より合理的な支援のために―. CUMPUS HEALTH. 2017; 54(1): 358-359.
  2. Enokizono T, Nemoto K, Fujiwara J, Tanaka R, Ohto T. Cyclic vomiting syndrome after acute autonomic and sensory neuropathy. Pediatr Int. 2017 Feb 28. doi:10.1111/ped.13232. [Epub ahead of print]
  3. Fu R, Noguchi H, Tachikawa H, Aiba M, Nakamine S, Kawamura A, Takahashi H, Tamiya N.: Relation between social network and psychological distress among middle-aged adults in Japan: Evidence from a national longitudinal survey. Social Science and Medicine 175: 58-65. doi: 10.1016/j.socscimed.2016.12.043, 2016.
  4. Saito T, Ikeda M, Hashimoto R, Iwata N; Members of the Clozapine Pharmacogenomics Consortium of Japan are the following., Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Miyata M, Mushiroda T, Ozeki T, Kubo M, Fujita K, Kida N, Nakai M, Otsuru T, Fukuji Y, Murakami M, Mizuno K, Shiratsuchi T, Numata S, Ohmori T, Ueno SI, Yada Y, Tanaka S, Kishi Y, Takaki M, Mamoto A, Taniguchi N, Sawa Y, Watanabe H, Noda T, Amano Y, Kimura T, Fukao T, Suwa T, Murai T, Kubota M, Ueda K, Tabuse H, Kanahara N, Kawai N, Nemoto K, Makinodan M, Nishihata Y, Hashimoto N, Kusumi I, Fujii Y, Miyata R, Hirakawa K, Ozaki N. Transethnic Replication Study to Assess the Association Between Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia and Genes at 12p12.2 in a Japanese Population. Biol Psychiatry. 2016 Dec 16. pii: S0006-3223(16)33110-9. doi: 10.1016/j.biopsych.2016.12.009. [Epub ahead of print]
  5. Nagata E, Nonaka T, Moriya Y, Fujii N, Okada Y, Tsukamoto H, Itoh J, Okada C, Satoh T, Arai T, Hasegawa M, Takizawa S. Inositol Hexakisphosphate Kinase 2 Promotes Cell Death in Cells with Cytoplasmic TDP-43 Aggregation. Mol Neurobiol. 2016 Oct; 53(8): 5377-83. doi: 10.1007/s12035-015-9470-1
  6. Saito T, Ikeda M, Mushiroda T, Ozeki T, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Hashimoto S, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Ohi K, Takeda M, Kamatani Y, Numata S, Ohmori T, Ueno S, Makinodan M, Nishihata Y, Kubota M, Kimura T, Kanahara N, Hashimoto N, Fujita K, Nemoto K, Fukao T, Suwa T, Noda T, Yada Y, Takaki M, Kida N, Otsuru T, Murakami M, Takahashi A, Kubo M, Hashimoto R, Iwata N. Pharmacogenomic Study of Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia in a Japanese Population. Biol Psychiatry. 2016 Oct 15;80(8):636-42. doi:10.1016/j.biopsych.2015.12.006.
  7. Hirose M, Hirano Y, Nemoto K, Sutoh C, Asano K, Miyata H, Matsumoto J, Nakazato M, Matsumoto K, Masuda Y, Iyo M, Shimizu E, Nakagawa A. Relationship between symptom dimensions and brain morphology in obsessive-compulsive disorder. Brain Imaging Behav. 2016 Oct 11. [Epub ahead of print]
  8. 東晋二, 越部裕子, 江湖山さおり, 野尻美流, 根本清貴, 新井哲明. 原発性進行性失語症をとりまく現状と課題 家族会活動を通じて. 精神医学. 2016; 58(10):847-854.
  9. Yagi M, Hirano Y, Nakazato M, Nemoto K, Ishikawa K, Sutoh C, Miyata H, Matsumoto J, Matsumoto K, Masuda Y, Obata T, Iyo M, Shimizu E, Nakagawa A. Relationship between symptom dimensions and white matter alterations in obsessive-compulsive disorder. Acta Neuropsychiatr. 2016 Sep 13:1-11. [Epub ahead of print]
  10. Kawakami I, Iseki E, Kasanuki K, Minegishi M, Sato K, Hino H, Shibuya K, Fujisawa K, Higashi S, Akiyama H, Furuta A, Takanashi M, Li Y, Hattori N, Mitsuyama Y, Arai H. A family with hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids caused by a novel c.2442+2T>C mutation in the CSF1R gene. J Neurol Sci. 2016 Aug 15;367:349-55.
  11. Shioiri A, Kurumaji A, Takeuchi T, Nemoto K, Arai H, Nishikawa T. A Decrease in the Volume of Gray Matter as a Risk Factor for Postoperative Delirium Revealed by an Atlas-based Method. Am J Geriatr Psychiatry. 2016 Jul;24(7):528-36. doi:10.1016/j.jagp.2015.09.002.
  12. Cunyoen Kim, Bailiang Wu, Emiko Tanaka, Taeko Watanabe, Kumi Watanabe, Wencan Chen, Sumio Ito, Rika Okumura, Tetsuaki Arai, Tokie Anme. Association between a Change in Social Interaction and Dementia among Elderly People. International Journal of Gerontology. 2016 June; 10(2): 76–80. doi: org/10.1016/j.ijge.2016.03.006
  13. 遠藤剛, 太刀川弘和, 相羽美幸, 白鳥裕貴, 森田展彰, 朝田隆. 地域ネットワーク強化を意識した自殺対策研究「笠間を元気にするネットワーク作り」について. 日本社会精神医学雑誌 25: 221-230, 2016
  14. Ishii K, Ishii K, Shioya A, Nemoto K, Tamaoka A. Decreased dopamine transporter and receptor ligand binding in Parkinsonism with diabetic uremic syndrome. Ann Nucl Med. 2016 May;30(4):320-4. doi: 10.1007/s12149-015-1054-7.
  15. 星野直美, 根本清貴, 神崇慶, 新井哲明, 朝田隆. 嗜癖に着目することで治療が進展した過食性障害とアルコール使用障害の合併例. 精神医学. 2016; 58(5):447-449.
  16. Kawakami I, Kobayashi Z, Arai T, Yokota O, Nonaka T, Aoki N, Niizato K, Oshima K, Higashi S, Katsuse O, Hosokawa M, Hasegawa M, Akiyama H. Chorea as a clinical feature of the basophilic inclusion body disease subtype of fused-in-sarcoma-associated frontotemporal lobar degeneration. Acta Neuropathologica Communications. 2016 Apr. doi; 10.1186/s40478-016-0304-9.

 

総説

  1. 松崎朝樹, 山縣憲司, 酒井俊, 柳川徹. 歯科医院のための内科学講座(13) 「うつ病で治療中なんですが,歯科治療は普通に受けていいですか?」. 補綴臨床 第50巻2号; 2017.3;208-225
  2. 東晋二, 新井哲明. 特集 認知症の生物学的研究-Update シヌクレイノパチー,TDP-43プロテイノパチー,およびポリグルタミン病. 老年精神医学雑誌, 28(2):123-128, 2017-02
  3. 根本清貴, 田村昌士, 織内直毅, 橋本亮太, 新井哲明. 脳構造画像による統合失調症の判別. 日本生物学的精神医学会誌. 2016; 27(4):197-201.
  4. 松崎朝樹. 臨床的関与の対象となることのある他の状態. 日本精神科病院協会誌 第35巻6号; 2016.6;41-46

 

著書

  1. 白鳥裕貴. 精神科医の戦略&戦術ノート-精神科救急で学んだこと. 東京; 星和書店; 2017.1.
  2. 新井哲明. 神経内科Clinical Questions & Pearls 認知症.シリーズ監修 鈴木則宏.編集 髙尾昌樹.執筆者 後藤淳 他88名. 中外医学社; 2016.12.10. 1 認知症の総論,用語の整理,症候,社会資源 4中核症状やBPSDといった用語の意味と,具体的にはどういった症状でどんな特徴があるのか教えてください; p.13-16
  3. 田村昌士, 太刀川弘和. 今日の精神疾患治療指針. 樋口輝彦, 市川宏伸, 神庭重信, 朝田隆, 中込和幸編. 東京: 医学書院; 2016.10. 精神科救急-統合失調症; p.335-338
  4. 石井映美, 水上勝義. 今日の精神疾患治療指針. 樋口輝彦, 市川宏伸, 神庭重信, 朝田隆, 中込和幸編. 東京: 医学書院; 2016.10. 抗結核薬による精神症状; p.500-503
  5. 太刀川弘和. 今日の精神疾患治療指針. 樋口輝彦, 市川宏伸, 神庭重信, 朝田隆, 中込和幸編. 東京: 医学書院; 2016.10. 精神科救急-自殺企図への精神科的対応; p870-873
  6. 塚田恵鯉子, 渡辺雅子. てんかんの診かた. 兼子直(編著). 東京; 新興医学出版社; 2016.10. 終夜睡眠ポリグラフィーが捉えた、複雑部分発作に伴う発作性心停止; p.24-26
  7. 根本清貴. クロストークから読み解く周産期メンタルヘルス. 岡野禎治, 鈴木利人, 杉山隆, 新井陽子編. 東京; 南山堂; 2016.8. 1.妊娠を契機に再燃した統合失調症; p.42-48
  8. 太刀川弘和. 精神科のくすり ハンドブック. 樋口輝彦編. 東京:総合医学社; 2016.5. シチコリン; p.334-335
  9. 石井映美. 精神科のくすり ハンドブック. 樋口輝彦編. 東京:総合医学社; 2016.5. Ⅶ 抗認知症薬および脳循環・代謝改善薬 ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩; p.336-337
  10. James Morrison(著), 松崎朝樹(監訳), 他多数.『精神科診断戦略 モリソン先生のDSM-5徹底攻略case130』,原題“DSM-5 Made Easy: The Clinician’s Guide to Diagnosis, ISBN-13: 978-4260025324

 

学会発表

  1. 細川雅人, 野中隆, 新井哲明, 亀谷富由樹, 近藤ひろみ, 秋山治彦, 長谷川成人. TDP-43 proteinopathyモデルマウスの作製. 日本薬学会第137年会; 2017 Mar 24-27; 宮城.
  2. 根本清貴, 橋本亮太, 山下典生, 福永雅喜, 山森英長, 岡田直大, 越山太輔, 森田健太郎, 佐藤仁哉, 磯村周一, 鬼塚俊明, 高橋努, 山末英典, 鈴木道雄, 笠井清登, 新井哲明. 機種間差を考慮した、3次元T1強調画像を用いた統合失調症補助診断ソフトウェアの開発. 第12回日本統合失調症学会; 2017 Mar 24-25; 米子.
  3. 根本清貴, 石川和宏, 臼庭等, 新井哲明. シーケンスを自動判別し、ファイル名を自動リネームするDICOM→NIFTI変換スクリプトの開発. 第19回ヒト脳機能マッピング学会; 2017 Mar 9-10; 京都.
  4. 石井映美, 太刀川弘和, 白鳥裕貴, 新井哲明. 発達障害学生の精神科診療における特徴―自験例の診療録から他の精神疾患と比較して―. 第38回全国大学メンタルヘルス学会総会; 2016 Dec 9-11; 東京.
  5. 新井哲明. プレナリーレクチャー6 座長 認知症性疾患病原タンパク質の伝播. 第35回日本認知症学会学術集会; 2016 Dec 1-3; 東京.
  6. 新井哲明. プレナリーレクチャー13 認知症と異常蛋白. 第35回日本認知症学会学術集会; 2016 Dec 1-3; 東京.
  7. 新井哲明. シンポジウム18 Aβ非存在の認知機能障害とは?suspected non-Alzheimer disease pathophysiology (SNAP). 第35回日本認知症学会学術集会; 2016 Dec 1-3; 東京.
  8. 東晋二, 野尻美流, 越部裕子, 塚田恵鯉子, 根本清貴, 新井哲明. 原発性進行性失語症の障害脳領域における標準失語症検査の比較検討. 第35回日本認知症学会学術集会; 2016 Dec 1-3; 東京.
  9. 河上緒, 新井哲明, 池田研二, 新里和弘, 大島健一, 近藤ひろみ, 秋山治彦, 長谷川成人. 神経原線維変化型認知症とアルツハイマー病の線条体における異常タウ蛋白伝播の検討. 第35回日本認知症学会学術集会; 2016 Dec 1-3; 東京.
  10. 新井哲明, 高橋晶, 太刀川和弘, 根本清貴, 東晋二, 塚田恵鯉子, 江湖山さおり, 堀孝文. 茨城県認知症疾患医療センターによる災害時高齢者宅訪問活動. 第35回日本認知症学会学術集会; 2016 Dec 1-3; 東京.
  11. 細川雅人, 新井哲明, 野中隆, 亀谷富由樹, 近藤ひろみ, 秋山治彦, 長谷川成人. TDP-43 proteinopathyモデルマウスの作製 第35回日本認知症学会学術集会; 2016 Dec 1-3; 東京.
  12. 根本清貴. 精神疾患の診断法. 第13回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会; 2016 Nov 19-20; 東京.
  13. 渡部衣美, 根本清貴, 小畠真奈, 村田彩貴子, 塚田恵鯉子, 井出政行, 松崎朝樹, 東晋二, 鈴木利人, 濱田洋実, 佐藤豊実, 新井哲明. 精神疾患合併妊婦の周産期における病状悪化リスクの検討. 第13回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会; 2016 Nov. 19-20; 東京.
  14. 根本清貴, 田村昌士, 新井哲明, 朝田隆. 軽強度運動が健常高齢者の認知機能と脳局所容積に及ぼす影響. 第20回日本精神保健・予防学会学術集会; 2016 Nov 12-13; 東京.
  15. 水谷洋介, 田村昌士, 山形晃彦, 堀孝文, 土井永史, 白鳥裕貴. 自殺企図を繰り返した軽度精神遅滞の一例―行動療法的アプローチについて―. 第65回茨城精神医学集談会; 2016 Nov 3; 水戸.
  16. 宮本良平, 太刀川弘和, 高橋晶, 根本清貴, 新井哲明, 堀孝文. 茨城常総市水害後の抑うつ、外傷後ストレス症状について. 第65回茨城精神医学集談会; 2016 Nov 3; 水戸.
  17. 袖山紀子, 高橋晶, 高橋祥友, 太刀川弘和, 相羽美幸, 新井哲明. 茨城県における東日本大震災後の精神科受診患者の動向(第2報).  第65回茨城精神医学集談会; 2016 Nov 3; 水戸.
  18. 渡部衣美, 根本清貴,  井出政行,  新井哲明. 精神科病院でも行えることを目指した、摂食障害に対する低栄養治療プログラム―筑波大学摂食障害ワーキンググループの取り組み―. 第38回茨城医学会精神科分科会・第65回茨城精神医学集談会; 2016 Nov 3; 水戸.
  19. 太刀川弘和, 川島義高, 小田原俊成, 衛藤暢明, 河西千秋, 山田光彦. 大学生を対象とした国内外の自殺予防研究に関する系統的レビュー. 第54回全国保健管理研究集会; 2016 Oct 5-6; 大阪.
  20. 石井映美, 太刀川弘和, 白鳥裕貴, 佐々木恵美, 久賀圭祐, 新井哲明. 精神科通院学生の学業転帰について―より合理的な支援のために―.  第54回全国保健管理研究集会; 2016 Oct 5-6; 大阪.
  21. 岡本祐子, 諸岡治美, 簑原豪人, 坂寄俊子, 井上由美, 川崎由紀子, 黒堀沙織, 坂本透, 金子 剛, 榎本真美, 久賀圭祐, 太刀川弘和. 保健管理センター内科における留学生受診者の現状.  第54回全国保健管理研究集会; 2016 Oct 5-6; 大阪.
  22. Aiba M, Nakamine S, Tachikawa H, Takahashi S, Tamiya N. Development of social capital index from national longitudinal survey. The 4th International Conference of Global Aging Tsukuba, Tsukuba Global Science Week 2016; 2016 Sep 19; Tsukuba.
  23. Nakamine S, Aiba M, Tachikawa H, Takahashi S, Tamiya N. How social capital affects depressive state of middle-aged adults?. The 4th International Conference of Global Aging Tsukuba, Tsukuba Global Science Week 2016; 2016 Sep 19; Tsukuba.
  24. 相羽美幸, 太刀川弘和, Adam Lebowitz. 対人関係欲求尺度(INQ)と自殺潜在能力尺度(ACSS)の日本語版の作成. 日本社会心理学会第57回大会; 2016 Sep 17-18; 西宮.
  25. 新井哲明. シンポジウム 座長 Prodromal dementia 精神科と神経内科の立場から. 第21回日本神経精神医学会; 2016 Sep 17; 熊本.
  26. 木田次朗, 根本清貴, 池嶋千秋, 角間辰之, 太刀川弘和, 朝田隆, 新井哲明. 軽度認知障害からアルツハイマー病への進展における抑うつ症状の影響. 第21回日本神経精神医学会; 2016 Sep17; 熊本.
  27. 翠川晴彦, 井出政行, 根本清貴, 水上勝義, 朝田隆, 新井哲明. CREST症候群を背景として初老期に窃盗症を発症した強迫性障害の一例. 第21回日本神経精神医学会; 2016 Sep 17; 熊本.
  28. 根本清貴. 精神科臨床における脳MRI構造画像:診断応用への可能性と技術的な課題. 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会; 2016 Sep 8-10; 博多.
  29. Ito Kawakami, Tetsuaki Arai, Zen Kobayashi, Osamu Yokota, Takashi Nonaka, Kazuhiro Niizato, Kenichhi Oshima, Shinji Higashi, Masato Hosokawa, Masato Hasegawa and Haruhiko Akiyama. Clinical and pathological study of FTLD-FUS presenting chorea. 10th International Conference on Frontotemporal Dementias (ICFTD); 2016 August 31-September 2; Munich Germany.
  30. 太刀川弘和, 宮本良平, 高橋晶, 根本清貴, 堀孝文, 新井哲明. 茨城常総市水害後の抑うつ、外傷後ストレス症状について―健診時こころのアンケート調査から―.  第13回日本うつ病学会総会; 2016 Aug 6; 名古屋.
  31. 田口高也, 太刀川弘和, 根本清貴, 鈴木雅之, 長野徹, 立花隆輝, 西村 雅史, 新井 哲明. うつ病患者と健常者の音響特徴量変化の再現性に関する検討.  第13回日本うつ病学会総会; 2016 Aug 6; 名古屋.
  32. 翠川晴彦, 太刀川弘和, 遠藤剛, 森田展彰, 根本清貴, 新井哲明. ゲートキーパー研修の自信向上につながる要因―ゲートキーパー自己効力感尺度を用いた検討.  第13回日本うつ病学会総会; 2016 Aug 5; 名古屋.
  33. 小杉祥子, 根本清貴, 山形晃彦, 太刀川弘和, 白鳥裕貴, 石川和宏, 矢口知絵, 葛原史子, 妹尾栄一, 土井永文. ストレス検査入院希望者の気質・性格傾向及びストレスコーピング. 第36回日本精神科診断学会; 2016 Aug 5-6; 東京.
  34. 渡部衣美, 根本清貴, 小畠真奈, 村田彩貴子, 塚田恵鯉子, 井出政行, 松崎朝樹, 東晋二, 鈴木利人, 濱田洋実, 佐藤豊美, 新井哲明. 精神疾患合併妊婦の周産期における病状悪化リスクの検討. 第36回日本精神科診断学会; 2016 Aug 5-6; 東京.
  35. Masato Hosokawa, Tetsuaki Arai, Hiromi Kondo, Geidy E Serrano, Thomas G Beach, Masato Hasegawa, and Haruhiko Akiyama. Phosphorylated Tau and Alpha-Synuclein Accumulation in Familial Granulin Mutation Cases. 2016 Alzheimer’s Association International Conference(AAIC2016); 2016 Jul 24-28; Toronto Canada.
  36. Eri Miyauchi, Masayuki Ide, Hirokazu Tachikawa, Kiyotaka Nemoto, Tetsuaki Arai, Masahiro Kawasaki. TMS-induced EEG phase locking values reflect the effect of electroconvulsive therapy for depressive state.  10th FENS Forum of Neuroscience 2016; 2016 Jul 2-5; Copenhagen.
  37. 細川雅人, 新井哲明, 近藤ひろみ, 長谷川成人, 秋山治彦. グラニュリン変異脳における神経変性疾患関連タンパクの重複蓄積. 第46回日本神経精神薬理学会年会; 2016 Jul 2-3; 韓国 ソウル.
  38. 新井哲明. 企画教育講演 座長 神科における4リピートタウオパチー. 第31回日本老年精神医学会; 2016 Jun 23; 石川.
  39. 河上緒, 新井哲明, 池田研二, 新里和弘, 大島健一, 秋山治彦, 長谷川成人. タウオパチーの線条体におけるタウ異常蓄積の検討. 第31回日本老年精神医学会; 2016 Jun 23; 石川.
  40. 新井哲明. ランチョンセミナー 脳病理から考える認知症の治療と予防. 第31回日本老年精神医学会; 2016 Jun 23; 石川.
  41. 高橋晶, 太刀川弘和, 今村芳博, 石川正憲, 根本清貴, 南場陽一, 塚田恵鯉子, 石川和宏, 河合伸念, 堀孝文, 新井哲明, 高橋祥友. 平成27年関東・東北豪雨における常総市水害支援(1)茨城県こころのケアチームの急性期活動. 第112回日本精神神経学会学術総会; 2016 Jun 3; 千葉.
  42. 太刀川弘和, 根本清貴, 高橋晶, 坂本昭裕, 石橋直子, 杉江征, 堀孝文, 新井哲明. 平成27年関東・東北豪雨における常総市水害支援(2)常総市こころの相談活動:中長期支援に向けて. 第112回日本精神神経学会学術総会; 2016 Jun 3; 千葉.
  43. 新井哲明, 安部秀三, 岡田正樹, 須磨崎加寿子, 高濱浩輔, 田中芳郎, 山田武, 高橋晶, 根本清貴, 太刀川弘和, 河合伸念, 東晋二, 塚田恵鯉子, 江湖山さおり, 堀孝文. 平成27年関東・東北豪雨における常総市水害支援(3)茨城県認知症疾患医療センターの訪問活動. 第112回日本精神神経学会学術総会; 2016 Jun 3; 千葉.
  44. 渡部衣美, 根本清貴, 小畠真奈, 早川絢子, 塚田恵鯉子, 井出政行, 松崎朝樹, 東晋二, 鈴木利人, 新井哲明. 精神疾患合併妊婦の周産期における病状悪化リスクの検討. 第112回日本精神神経学会学術総会; 2016 Jun 2-4; 千葉.
  45. 野尻美流, 塚田恵鯉子, 三宅善嗣, 森山哲也, 田村昌士, 石川和宏, 入山大希, 加藤幹朗, 辻浩史, 中馬越清隆, 石井一弘, 玉岡晃, 石川正憲, 新井哲明. うつ状態と著明な体重減少で精神科に受診した後, 呼吸不全となったFTD-MNDを疑う3症例. 第112回日本精神神経学会学術総会; 2016 Jun 2-4; 千葉.
  46. 織内直毅, 塚田恵鯉子, 神崇慶. うつ症状で経過し、農薬服毒後に遷延するせん妄を認めた抗グルタミン酸受容体抗体陽性辺縁系脳炎の1 例. 第112回日本精神神経学会学術総会; 2016 Jun 2-4; 千葉.
  47. 河上緒, 新井哲明, 新里和弘, 大島健一, 勝瀬大海, 赤津裕康, 橋詰良夫, 池田研二, 秋山治彦. tangle-predominant dementia(神経原線維変化型老年期認知症)の精神医学的特徴. 第112回日本精神神経学会学術総会; 2016 Jun 2-4; 千葉.
  48. 新井哲明. 展示/変性(タウ)1 座長. 第57回日本神経病理学会総会学術研究会; 2016 Jun 1-3; 青森.
  49. 長谷川成人, 谷口小百合, 亀谷富由樹, 新井哲明, 秋山治彦, 齊藤祐子, 吉田眞理, David Mann, 岩坪威, 村山繁雄. トリプシン耐性タウ解析によるタウオパチーの生化学分類. 第57回日本神経病理学会総会学術研究会; 2016 Jun 1-3; 青森.
  50. 渡辺亮平, 河上緒, 朝岡俊泰, 大島健一, 新里和弘, 東晋二, 女屋光基, 新井信隆, 長谷川成人, 秋山治彦, 新井哲明. 初診時に緊張病症候群と診断された FTLD-TDP の一例. 第57回日本神経病理学会総会学術研究会; 2016 Jun 1-3; 青森.
  51. 袖山紀子, 太刀川弘和, 高橋晶, 相羽美幸, 新井哲明, 高橋祥友. 茨城県における東日本大震災後5年間の精神科受診患者の動向.  第40回日本自殺予防学会総会; 2016 May 21; 東京.
  52. 翠川 晴彦, 太刀川弘和, 遠藤剛, 森田展彰, 根本清貴, 新井哲明. 精神的な健康度が自殺に対する態度に及ぼす影響―ゲートキーパー研修のアンケート調査から―.  第40回日本自殺予防学会総会; 2016 May 21; 東京.
  53. Okamoto Y, Tachikawa H, Nemoto K, Ikeda Y, Sodeyama N, Arai T. Developing a Twitter crawler to collect suicide information.  7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention; 2016 May 18-21; Tokyo.
  54. Aiba M, Tachikawa H, Arai T.  The relations between social capital and suicidal ideation in Japan.  7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention; 2016 May 18-21; Tokyo.

 

特許出願

  • 出願番号:特願2016-199492

    発明者:井出政行、川崎真弘、宮内英里、北城圭一

    発明の名称:脳波検出装置

    出願人:国立大学法人筑波大学、独立研究開発法人理化学研究所

    出願日:平成28年10月7日

 

講演会

2017年3月

  • 新井哲明. 平成28年度常総市地域包括ケアシステム推進会議「認知症を疑う患者への対応とBPSDの治療」
  • 新井哲明. 道路交通法の一部改正に伴う診断書内容等に係る研修会「診断書の記載内容に等について」
  • 新井哲明. 都医学研セミナー「認知症と異常タンパク質-前頭側頭葉変性症の臨床病理を中心に-」
  • 新井哲明. 認知症カンファレンス「認知症における日常診療での注意点と連携について」
  • 太刀川弘和, 白鳥裕貴, 石井映美. 「学生こころの状態スクリーニング結果と各種支援体制・対応について」平成28年度 第13回筑波大学FD研修会 学生支援FD「不安定な学生の成績分析について」
  • 太刀川弘和. 茨城県医療従事者うつ病・自殺予防対応力向上研修会「【基礎知識編】うつ病」
  • 太刀川弘和. 県南地域 こころとからだ学術講演会「うつ病の診断/治療のガイドライン~プライマリケア医への期待~」
  • 根本清貴. 水戸市消費生活センター講演会「知っておきたい心の病気の基礎知識」
  • 白鳥裕貴, 太刀川弘和, 石井映美. 「学生こころの状態スクリーニング結果と各種支援体制・対応について」平成28年度 第13回筑波大学FD研修会 学生支援FD「H28年度学生健診こころの状態スクリーニング結果」
  • 松﨑朝樹. 「LAIを手に、我々は患者に何を提案しているのか」
  • 石井映美, 白鳥裕貴, 太刀川弘和. 「学生こころの状態スクリーニング結果と各種支援体制・対応について」平成28年度 第13回筑波大学FD研修会 学生支援FD「精神保健相談(精神科診療)対応体制について
  • 石井映美. 水戸少年鑑別所職員研修会「発達障害」

2017年2月

  • 新井哲明. 第108回石川県神経科精神科医会 学術講演会「神経病理から老年期精神障害を考える」
  • 新井哲明. 茨城県南認知症連携講演会「脳病理から考える認知症の治療と予防」
  • 新井哲明. 筑波大附属病院 認知症疾患医療センター 第8回研修会・講演会「前頭側頭葉変性症の診断、治療、ケア」
  • 新井哲明. 日本精神科看護協会茨城県支部 第3回看護研修会「認知症の原因疾患と病態・治療について」
  • 太刀川弘和. 江戸川区いのち見守り隊養成講座“中級編講座”「大切な人をなくさないために つながる支援に向けて」
  • 根本清貴. 第2回ABiS脳画像解析チュートリアル「バッチ処理」
  • 根本清貴. 第2回ABiS脳画像解析チュートリアル「統計モデル」
  • 根本清貴. 第2回ABiS脳画像解析チュートリアル「CAT12: Computational Anatomy Toolbox」
  • 根本清貴. 第2回ABiS脳画像解析チュートリアル「縦断VBMの前処理」
  • 根本清貴. 茨城県うつ病治療フロンティア「精神疾患と脳画像〜研究成果をどう臨床に応用できるか〜」
  • 根本清貴. 日本母乳哺育学会勉強会「精神科医からみた周産期の支援」
  • 根本清貴. 茨城県臨床整形外科医学学術講演会「なぜ痛みに抗うつ薬?〜慢性腰痛に対して抗うつ薬を安全に使うコツ〜」
  • 根本清貴. 第3回つくば臨床薬学セミナー「抗うつ薬のプロフィールからみたうつ病の薬物療法」
  • 東晋二. つくばTAP 2017 1st 学術講演会「研究報告:原発性進行性失語症の家族会活動報告」
  • 松崎朝樹. 第1回つくばバウムテスト研究会
  • 塚田恵鯉子. 鹿行UP to Date医療セミナー「睡眠障害の実践対応:スボレキサントの処方実例集」

2017年1月

  • 新井哲明. 平成28年度第54回利根町もの忘れ予防のための講座「認知症の症状と対応の仕方」
  • 新井哲明. 第11回鹿島認知症懇話会「BPSDの病態と対応」
  • 新井哲明. 第16回北関東心血管内分泌Reasearch Meeting「脳病理から考える認知症の症候と病態」
  • 太刀川弘和, 白鳥裕貴, 石井映美. 平成28年度 筑波大学医学類教員更新研修会「医学生のメンタルケア」
  • 塚田恵鯉子. The summit of Sleep Care ~不眠症治療 基礎と臨床の架け橋~「睡眠障害の実践対応:スボレキサントの処方実例集」

2016年12月

  • 新井哲明. 第6回メトロポリタン脳の老化・認知症フォーラム「BPSDの病態と対応」
  • 太刀川弘和. 平成28年度関東甲信越ブロック精神保健福祉センター連絡協議会「茨城県における災害精神支援活動の成果と課題-関東・東北豪雨,熊本地震での活動を通してー」
  • 太刀川弘和. 第9回豊後荘病院講演会「職域・病院における自殺予防」
  • 根本清貴. 第23回New Horizon for Neurosciences「セネストパチーにまつわる脳画像所見」
  • 根本清貴. 10リリース記念オフラインミーティング16.12「脳画像解析とUbuntu」
  • 東晋二. 認知症対応力向上研修

2016年11月

  • 新井哲明. 第21回中部老年期認知症研究会「前頭側頭型認知症の臨床病理」
  • 新井哲明. 第28回県民のための健康管理講座「認知症の脳では何が起こっているのか?~そこから考える治療と予防」
  • 新井哲明. 2016年度ソーシャルワークスキルアップ研修 認知症高齢者へのソーシャルワーク支援プログラム「基本的な医学知識と最新情報~認知症の方を理解するために」
  • 新井哲明. 認知症治療を考える会 in Tsukuba「BPSDの病態と対応」
  • 新井哲明. 第22回生涯教育講座「BPSDの病態と対応」
  • 新井哲明. 県北認知症ネットワーク「脳病理から考える認知症の治療と予防」
  • 太刀川弘和. 第65回茨城精神医学集団会「常総市水害における災害精神支援活動の成果と課題」
  • 根本清貴. 第42回RIセミナー「eZISと認知症:画像統計解析についての理解」
  • 井出政行. 結城市精神保健福祉市民講座「こころの健康と睡眠」
  • 松﨑朝樹. 「LAIをなぜ提案するのか。どう提案するのか」
  • 松﨑朝樹. 「周産期に生じる精神の変調~うつ病を中心に~」
  • 松﨑朝樹. 「LAIをなぜ提案するのか。どう提案するのか」
  • 渡部衣美. 筑波大学精神神経科同門会「近年の摂食障害治療指針」

2016年10月

  • 新井哲明. リリーWeb講演会「脳病理から考える認知症の症候と病態」
  • 新井哲明. 筑波大学附属病院認知症疾患医療センター 第7回研修会・講演会「認知症早期発見・早期診断推進事業~認知症アウトリーチチーム活動について~」
  • 新井哲明. 第6回認知症疾患フォーラム「認知症の非薬物療法と予防」
  • 新井哲明. 水戸医療圏認知症学術講演会「脳病理から考える認知症の治療と予防」
  • 新井哲明. 認知症プラットフォーム学術講演会「タウ蛋白から考える認知症の病態」
  • 太刀川弘和. つくば市松代4丁目千上自治会 平成28年度自治会防災イベント「大規模災害時の心のケア」
  • 根本清貴. 第8回滋賀精神科医学会・第30回滋賀臨床行動科学研究会「薬理学的プロフィールからみる抗うつ薬の使い分け」
  • 根本清貴. 第29回21世紀カンファレンス「脳血流SPECT所見をより理解するためのeZISの理解」
  • 松﨑朝樹. 第4回つくば気分障害を考える会
  • 石井映美. つくば学術講演会「LAI使用時の問題点と有用性」
  • 塚田恵鯉子. 学術講演会「ARP-LAI 患者と私の感じたこと」

2016年9月

  • 新井哲明. 平成28年度利根町もの忘れ予防のための講座
  • 新井哲明. つくば認知症ミーティング2016「BPSDの病態と対応」
  • 太刀川弘和. 筑波大学学生支援教職員研修会「情報化新時代における学生のメンタルヘルス」
  • 根本清貴. 茨城県認知症講演会「後期高齢者の認知症診断における画像検査の役割」
  • 松﨑朝樹. 「『うつ病』をどう考えるべきか、どう治療すべきか」

2016年8月

  • 新井哲明. つくば市認知症学術講演会「認知症における最近の話題~病態と治療におけるトピックス~」
  • 新井哲明. 常総市認知症シンポジウム地域の認知症を考える~水害時に認知症を支えた人々~「認知症周辺症状のメカニズムについて」
  • 太刀川弘和. 第13回日本うつ病学会総会 日本うつ病学会自殺対策委員会企画シンポジウム「大学生のメンタルヘルス問題・自殺問題の実状と課題」
  • 川島義高, 太刀川弘和, 小田原俊成, 衞藤暢明, 河西千秋, 山田光彦. 第13回日本うつ病学会総会 日本うつ病学会自殺対策委員会企画シンポジウム「大学生を対象とした自殺予防に関する国内外の取り組みの現況 -系統的レビュー-」
  • 根本清貴. 茨城県精神保健協会記念講演会「心の支援をするにあたって知っておきたい心の病気の基礎知識」
  • 松﨑朝樹. シンポジウム「うつ病を変えたDSM:その功罪について」「うつ病診療におけるDSMの功績 なぜ使うべきか、どう使うべきか」
  • 石井映美. つくば学術講演会「LAI(Long Acting Injection)の有用性ー使用例の経過からー)

2016年7月

  • 太刀川弘和. 常総市社会福祉協議会研修会「被災者に対するコミュニケーションのコツ」
  • 太刀川弘和, 高橋晶, 根本清貴, 新井哲明, 河合伸念, 堀孝文. 台風18号災害における筑波大学の常総市こころのケア活動報告「台風18号災害における筑波大学の常総市こころのケア活動報告」
  • 根本清貴. いばらき県南医療連携フォーラム「なぜ痛みに抗うつ薬?」
  • 松﨑朝樹. 第3回 つくば気分障害を考える会
  • 松﨑朝樹. 「LAIをなぜ提案するのか。どう提案するのか」

2016年6月

  • 新井哲明. 第4回湾岸うつ・睡眠研究会「BPSDの病態と対応~うつ・不眠の対応も含めて~」
  • 新井哲明. 結城市医師会学術講演会「認知症における日常診療での注意点と連携について」
  • 太刀川弘和, 袖山紀子, 吉田隆夫, 岩間幸子. 熊本地震災害支援 茨城DPAT活動報告会「茨城DPAT活動報告 熊本市益城町における活動(第3班)」

2016年5月

  • 新井哲明. 「認知症の脳で何が起こっているか~そこから考える治療と予防~」
  • 新井哲明. 平成28年度利根町もの忘れ予防のための講座「忘れ予防のための講話」
  • 太刀川弘和. 茨城大学保健管理センター職員研修会「大学生のメンタルヘルス-気になる学生への接し方-」
  • Tachikawa H. In Plenary Session 7, ‘Media and suicide: is there only Werther’s effect?’ 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention「Scapegoating effect to suicide in Japan」
  • Tachikawa H.  ”In Symposium 10, ‘Protecting youth from suicide!’,7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention「Primary and Secondary Prevention of Suicide in College and University Students」
  • 根本清貴. 第5回医療連携の未来を考える会「プライマリケアにおけるうつ・不安への対応〜見立て・初期治療・専門医への紹介〜」

2016年4月

  • 新井哲明. NPネットワーク研究会Spring.「前頭側頭型認知症の症候と病態」
  • 新井哲明. 第18回取手認知症研究会「認知症の脳で何が起こっているか?~そこから考える治療と予防~」
  • 松﨑朝樹. 第2回 つくば気分障害を考える会
  • 松﨑朝樹.  LAIを手に統合失調症患者にかけるべき言葉とは」