後期研修医

これまでに当科で研修してきたレジデントたち、現在、精神科後期研修に励まれているレジデントの先生方の生の声をお読み下さい。当科がどのような雰囲気か伝わってくることと思います。

現在研修中のレジデント

上月 ゆり子先生

私は現在、医師6年目の精神科レジデントとして、精神科病院で働いています。
筑波大学精神科のよいところとしては、やはり第一にスタッフの面倒見のよさ、相談のしやすさが挙げられると思います。後期研修医に対しても丁寧なクルズスがあり、基本的な学習に役立ちます。また、疾患に関してや診察の仕方にいたるまで、さまざまなことを気軽にスタッフに聞けて、一緒に面談に入ったり、治療方針について話し合ったりできるのは大きな特徴だと思います。他にも、同期や年の近い精神科医で、若手の勉強会があったりと、研修としてはとても充実していると思います。
また、県内の関連病院にはそれぞれ特徴があり、自分の希望する専門性などに沿って研修先を選択することができます。
ほかにも伝えきれない魅力がたくさんありますので、興味があったら是非見学にいらしてください。

渡部 衣美先生

 私は、筑波大学精神神経科後期レジデント3年目の医師として、現在は精神科病院に勤務しています。後期研修の場を大学に決めたのは、複数病院に勤務したかったからです。大学は教育研究機関であり、ひとつひとつの症例に対して薬理作用、画像評価、精神病理などじっくり議論を重ねてアプローチすることができます。論文作成や学会発表の指導を丁寧に受けられるのも、大学ならではの魅力です。単科病院にも施設ごとの良さがあると思いますが、現在私が勤めている病院は、とにかく症例数が豊富で、ある程度のスピードも必要とされます。現場でたくさんの患者さんと関わりながら経験を積むことができるのは、とても貴重です。
 これまでの研修を通して思うのは、精神科医は特に、視野を広くすることが大切だということです。患者さんがその人それぞれの状況と辛さを抱えており、その気持ちに寄り添えるようになるためには様々な見方ができることが必要だと思います。最初の数年を複数の病院で過ごし、多くの先生にご指導いただきながら経験を積むことは、その一助になるのではないでしょうか。また、筑波大学は、他を排除したりやり方を押し付けたりするような雰囲気は皆無で、やりたいことに力添えをしてくださる温かい空気があります。是非一度、見学にお越し下さい。

野尻 美流先生

 私はC1で、精神科医として3年目になります。私は出身大である筑波大学の精神神経科の医局を選択しました。学生の授業の頃から、精神科の先生方のお話は面白く、心惹かれていたものでした。学生実習・初期研修でも、患者さんとの接し方、クルズスなどこまめにご指導いただき、精神科臨床、教育とにかける先生方の熱意を感じていました。そして、精神科医局での先生方の温かい雰囲気も決め手の一つだったと思います。
 1年目、大学病院の研修では、診断や治療について指導医の先生方のもとできっちりとご指導いただくことができました。他科からのコンサルテーションの対応も後期研修医と講師の先生方で行い、多くの症例を経験して非常に勉強になりました。同時に週1回市中病院での勤務を通じて、精神科病院での診療も学ぶことができました。2,3年目は精神科病院で急性期の治療に携わっています。疾患を問わず多くの患者さんとの出会いがあり、日々勉強させていただいています。
つくばという環境ですが、私が学生として来た10年ほどのうちに開発が進み、大変便利になりました。まだまだ発展しそうです。また一つ、医局の大学以外の派遣先は茨城や関東の病院が主で、頻回に転居しなくてすむこともメリットとして挙げられると思います。茨城県内であれば大概は車で勤務することができますし、都内にも電車で通えます。事実つくばに居住して各地に勤務されている医師は多いです。逆に都内や千葉等近郊県に居住して茨城に勤務されている医師もいます。
 精神科医を志す皆様方、是非とも筑波大学精神神経科にいらしてください。

田口 高也先生

 私は現在精神科病院で勤務していますが、これまで外勤先を含めて6カ所の病院の精神科で研修させていただきました。それらのどこでも一人で困ってしまうということはなく、周囲の先生方に常に相談させていただきながら、知識や経験を身につけていくことができていたと思います。大学病院にいなくても勉強会などを通して他の病院に勤務している先生と交流することも多く、筑波大学精神神経科の医局の縦や横のつながりを感じることが多い日々です。そういった親しみやすさ、先輩の先生方の面倒見の良さは大学病院での研修の際に最も強く感じました。困っている症例や苛ついたことや落ち込んだことなどを気軽に相談することができ、診療の中でどうしても出くわしてしまうストレスをうまく糧にしていくことができる雰囲気が筑波大学の精神神経科にはあると思います。そういった日常的な相談と様々な勉強会を通して確実に技術や知識が身に付いてくると思います。
 また、生活のしやすさも重要な点だと感じています。基本的に当直のある精神科はオンとオフの切り替えがしっかりしています。また、つくばに住んでいればほとんどの関連病院に通うことができ、現在は高速道路を使用して1時間ほどのところに通勤していますし、つくばエクスプレスなどで新宿まで通勤していたこともありました。
 環境の良さ、仕事や自己研鑽のしやすさという点を、ぜひ筑波大学精神神経科で感じていただきたいと思います。

渡辺 亮平先生

 
 私は、筑波大学を卒業し、他院にて初期研修を修了した後につくば市に戻ってきました。後期研修は、1年目は大学病院で研修し、2年目の現在は精神科病院に移って勤務しています。
 研修を始めた当初、「筑波大は臨床重視」と説明されました。確かに、スタッフの先生方の専門は神経病理、画像解析、精神薬理など幅広いですが、臨床に重きを置いて一例ずつ丁寧に診療されるスタンスが一貫していると感じます。当科の症例は、疾患の種類や重症度が多彩であり、レジデントが病棟で受け持つ症例も、疾患の種類で大きく偏ることはありません。私は認知症、統合失調症、気分障害、摂食障害、児童思春期、器質性精神障害を、大学にいた1年間でひと通り担当することが出来ました。また、総合病院なので他科からコンサルテーションを受けてスタッフの先生とともに診察に赴く機会があり、よい経験になりました。2013年からは病棟と同じフロアで認知症・摂食障害・気分障害のデイケアが始まり、大学にいながらそうした資源を柔軟に活用出来るようになりました。
 全体的な雰囲気がよいことも当科の特徴であると思います。先生方は大変教育的で、日々ご多忙である中、頻繁に病棟に足を運んで下さいます。日々主治医とレジデントで相談しながら、治療方針が決まっていきます。フォローが手厚い分、安心して研修出来るかと思います。
 関東近辺で精神科医になることをお考えの方には、ぜひ当科での後期研修を検討していただきたいと思います。

レジデント終了者

神 崇慶 先生

 講師の先生たちは教育にも非常に熱心で、毎日病棟に来て気さくに相談に乗ってくれます。将来進みたい専門領域に合わせた後期研修のコーディネートを相談してくれます。 

田村 昌士 先生

 まず、適度に文化度が高く、かつ緑に恵まれた、つくばという土地柄に魅力を感じます。つくばエクスプレスの開通によって、都内での学会、勉強会への参加も容易になりました。こうした好環境の中、当科での研修、精神科医としての生活はオンもオフも充実しています。

遠藤 剛 先生

 筑波大学精神科は茨城県に多数、東京にも数ヶ所関連病院があり、精神保健指定医および精神科専門医を取得するために必要 な症例を十分に経験でき、院内、院外研修ともに指導体制が充実してます。実際私も入局後ストレートで精神保健指定医、精神神経学会専門医、指導医を取得しました。大学では精神科の最先端の知識、治療を学ぶことができ、関連病院では県立友部病院や国立国際医療センターなど、地域の中核病院で臨床の現場に沿った研修ができます。研修中または研修終了後から大学院への入学も可能です。後期研修、筑波大学精神科は良いと思います。

高橋 晶 先生

 精神科医療を実践していく上で、選りすぐれた先達の思考プロセスを学ぶことは今も昔も変わらず、何よりも大切なことと考えます。自由に質問が出来る雰囲気、そして、教育に対して情熱的に行っていく体制は必ず皆様の期待に応えると思います。

芦澤 裕子 先生

 筑波大学の研修において特徴的なのは、強固な幅広い臨床能力が身につくところだと思います。他大学出身者が混在する研修施設で研修する中、症候・診断・治療において一例ごとに考察する能力が身についている自身に驚きます。これは教官から厳しく指導された賜物だと思っています。

白鳥 裕貴 先生

 当科での後期研修の特徴は、教授以下スタッフと、研修医を含めたレジデントの間の風通しがよいことでしょう。受け持ち患者の診断、治療に関することはもちろん、院外での勤務中での困ったことや悩み事も、気軽に相談できる環境です。研修内容についても、統合失調症圏、感情病圏から心身症まで幅広く学ぶことができます。精神科の臨床医を目指す方は、選択肢の一つに入れてよいかと思います。

三上 隼一郎 先生

 当科の研修体制は非常に充実しており、関連施設での研修を含め幅広い柔軟性に富んだ選択枝があることも特徴です。さらに経験豊富な多くの指導医から指導を受けられるため基本となる臨床的知識、技能を身につけることができます。精神科に興味がある方にはお勧めです。

太田 深秀 先生

 筑波大学精神神経科でレジデント研修を行う最大の魅力は、なんといってもきちんとした指導体制です。精神症候学や薬理学などなど、今後精神科をやっていくにあたって必要な基礎をきちんと指導してくれます。他でだらだらと指導を受けた人とは根っこから違ってきます。ぜひ一度、見学に来て下さい。